導き

12 12月 2013
image-3.jpeg

教師の喜びとは教え子達の成長を何よりも一番に望み それを自身の至上の喜びとすることだと私は思います。
私も今までに色々な先生に教えを請い、それぞれの先生によって 良い機会に恵まれたり機会を与えて頂いたり 人とのご縁を頂いたりと
私自身が素晴らしい恩師との出会いによってステップアップやグローアップ出来たと思っています。

人の一生において願わくばそのような素晴らしい恩師と呼べる先生に教えを頂きたいと思うのは私ばかりではないでしょう。
先生のひとりよがりや独善的ではなく 教え子達の個々の自主性を尊重出来るような そんな懐の深い先生に出会い 生徒達は無限の可能性を見出され
そして花を開かせる事が出来るのだろうと思います。

今の私のお茶の先生は私達に教える為に私達生徒以上に勉強会に出たりお家元に習いに行ったりと真摯にお茶と向き合っています。そんな先生に教えていただいている私達はとても幸せだと思います。

またフランス語の先生は若いのでフランス語の勉強の他に
携帯やその他の電子機器の話や、お得な情報を教えてくれます。私にとっては細かな違いやお店によって異なる特典とかは面倒くさくてもうどうでもよいと思ってしまいますが、彼には非常に重要なことのようで嬉しそうに事細かに教えてくれるのがとても面白いです。
彼は全てをフランス語で説明してくれるのですが、私が電子機器に精通していなく訳がわからなくなり時々日本語まじりになってしまうのが悲しいですが…

先生や師と呼ばれるいわゆる他人に影響を与える人ほど 自分の言動に気をつけなければならないと思います。何故ならその言動はとても重いもので
尚且つ責任重大なのです。
教え子にとっては自分の人生に良くも悪くも多大な影響力を受けるからです。

良き指導者に出会える確率は一体何%なのかは分かりません。
指導者と呼ばれる人や、人生の先輩である私達は 責任をもって後輩達の成長を見守って行くのが ひとつの使命だと私は考えてしまいます。

願わくば これからの若い人達が良き指導者にめぐり逢えるようにと思います。

月迫

5 12月 2013
image_2.jpeg image-2_2.jpeg

カレンダーも最後の一枚となり何かと慌ただしく毎日が過ぎていきます。
私は幸いにお茶を習っていますので、季節を感じながら日常の日々を過ごしています。
11月はお茶のお正月と言われる炉開きがあり厳かな中にも凛としたお茶事があります。今回私は一つ紋の江戸小紋のグレーの着物に同系色の絞りの帯を締めていきました。アクセントに帯の中の模様の大輪のバラの一色をとって牡丹色の帯締めと帯揚げをあわせてみました。
本来ならば小紋はちょっとくだけた時のものなので、お稽古には着て行きますが正式なお茶席には着ては行きません。
でも小紋柄でも江戸小紋は一色染めなので紋を付けると正式な紋付きとみなされるのです。こうしてお茶の世界のお正月と言われる炉開きが滞り無く終わりました。

この寒々しい11月もやっと終わりもうすぐクリスマスですね!
私はクリスマスのイベントはしないのですが、お部屋の中に小さなクリスマスの飾り付けをして、いつも一人で盛り上がっています。
子供の時からクリスマスの飾り付けやお雛様それからお正月飾り七夕と
いつも家族で飾り付けをしていましたので、大きくなってから誰も何もしなくなっても、私だけは机の上や玄関などちょっとした空間にそれらしく飾り付けていました。
今でも病院の受付に小さなスペースを創り小物やお花などで季節感を演出しています。患者さんが少しでも和むようにと思っています。でも自分が一番満足しているのですが…

私はいつも何かを創造することやコチャコチャとあれやこれやを考えるのが本当に好きなのだと思います。昔はいつも一人で想像したり空想したり頭の中で遊んでいるような子供でしたから。
料理も創る事のほうが後片付けよりも断然好きですし、今は私のクローゼットの中から何十年も前のコートやワンピースをリメイクしたりするのが一番の楽しみになっています。勿論
私は洋裁は出来ませんので色々足したり引いたりしながら考えてお直し店さんに持っていくのです。
出来上がりは充分に素敵で新しく誰もリメイクだとは気がつかないほどで、大満足しています。

それだけ昔の洋服の素材が天然で素敵な物が多く大量生産では絶対に出せない職人さん達による凝った手作業の物だったりしているのです。アルゼンチン・タンゴを踊る時に着ている洋服は殆どリメイクしたものなのです。

そんなことで今年はコートは買わずに幾つか直したコートを着ようと思っています。ほんとに私は物を大切にする性格なのだとつくづく思いました。でもこれって貧乏症?[image:
埋め込み画像 1][image: 埋め込み画像 3]

abrazo 抱擁

27 11月 2013

抱擁は英語では hug とか embrace フランス語では embrassade スペイン語では abrazo
と言いますが、アルゼンチン・タンゴを踊る時にはこのabrazoがとても重要なのです。お互いに相手を抱きしめて上半身はなるべく動かさずに
腰から下だけで踊る…そんなイメージです。このabrazoは本当に日本人はシャイなのか不得意なのです。 日本人の挨拶は良くて握手
それ以外はお辞儀だけですから 推して知るべしですよね。

ところが海外の国々イタリアやフランスでは知人
友人同士でのhugや頬へのkissは当たり前です。勿論母親や父親が子供達に朝な夕なにhug&kissをするのもお国柄でしょうか?
ところがアジアではインドネシアやマレーシアなどは宗教的なこともあってか?お互いの身体に触ることなく一定の距離を置いて挨拶します。ただお隣の韓国人は非常にタッチピープルなのです。同性同士で手を繋ぐのは当たり前ですし
親子や祖父母や親戚の人達は会った時には お互いに肩を抱いたり腕を組んだり手を握り合ったりというのが普通なのです。

そんな東洋のラテン民族と言われる韓国でタンゴを習った時には
皆さんこのabrazoがとてもお上手なのでした。どんな人もこのabrazoに命をかけているのかと思うくらい気持ちのよい抱擁をしてくれるのです。
3分間の短い曲の中で繰り広げられるドラマを しっかりとabrazoされている安心感から
自然と目を閉じて曲と相手の細やかで繊細なリードだけを感じながら踊るのはとても素晴らしく気持ちの良い事なのです。
でもそれが出来る男性はなかなか居ないのも現実です。

でも先日札幌に関西からわざわざワークショップに来て頂いたジミー&ユカリンさん達は本当に素晴らしい踊り手でした。ジミーさんのabrazoは韓国の男性にもまさる
いえそれ以上かもしれません…(何しろ他はあまり知らないので比べられません)幸せな気持ちになるabrazoでした。女性の全ての皆さんが口を揃えてそう言っていますので
私だけの感想ではなかったと思います。 感謝です。

素敵な抱擁をしてもらえたら女性はそれだけで充分に嬉しく幸せにもなれるのです!
現在夫婦や恋人達はぜひ素敵な抱擁を試してみてください。そしてこれからの人達は優しい抱擁を出来るようにタンゴを習ってみてください。(笑)

関係ない事ですが10年位前に
グウィネス・パルトローの抱擁という映画を見たことがありました。中身は綺麗なラブロマンスだったと記憶していますが、あまり印象に残らなかった映画でした。

私を取り巻く素敵な人達♡

10 11月 2013
mail-2.jpeg mail-3.jpeg

ひと雨ごとに寒さが募り冬がもう目の前にきているこの時期が 私は好きではありませんが何とか乗り越えていかなければなりませんね。

最近私は翠山亭倶楽部定山渓に母と伯母の3人で泊まってきました。趣があるというより軽井沢の大きな別荘に行ったような温泉宿でした。そして、そこで頂いた懐石料理はとっても美味しくて
殆んど残さずにいただいきました。

突出しにはふるーつとまとにたらば蟹の白和えを詰めたものが出てきましたが、その白和えにはキャビアがシブレットと一緒に乗せてあり
和風の料理なのにフランス料理のテイストが感じられたので聞いたところ フランス料理のシェフがいたのです。。。
もちろん和食の総料理長がいるのですが、今どきの懐石はフランス料理とのコラボもありなのですね?
本当に美味しかったです。志村シェフがいるうちにまた行きたい所の一つです。

そして先日は女性3人で双子山にあるJardin de Bonheur
というレストランでフレンチ料理を食べに行ってきました。こちらもランチにしては申し分なく美味しくて雰囲気もサービスも感じが良くて
ランチでしたが女性3人で思う存分楽しむことが出来ました。素敵で贅沢な時間でした。

先月には、いつも夜のディナーで集まるワイン好きな友人達が居るのですが 今回の食事は私のリクエストで
円山の”とらや”と云う日本料理屋さんした。お料理も美味しくて話も盛り上がりました。

またワイン好きの彼女達と一緒だとアルコールがダメな私ですが 友人達の飲むワインを色々テイスティングさせてもらえるのでとても嬉しいのです。

私は本当はフランスのワインが一番だと思っているのですが、友人がナパのワイナリーに行ってきた時に頂いたOpus One のOverture
が本当に美味しかったのです。
未だナパワインを知らなかった頃にハワイのレストランで出てきたワインが 正にそのナパのワインだったのです。
それは本当に美味しくスッキリとしていて それでいてコクと深みがあるワインで とても驚いた事を思い出しました。

それ以来私の中ではナパのOpus Oneが隠れ一番になっています。機会があったらナパのワインをお試しくださいね。

私の周りにはほんとうに素敵な友人ばかりです。お互いに尊重しあい信頼関係が長く続いています。
素晴らしい友人達に囲まれている事はとても幸せで 自分一人の力ではなく友人達の知恵が私の知恵にもなっているのです。 本当に私の財産です。

思いがけない贈り物

21 9月 2013

8月に入ってから父の法事とお盆、そして義理の両親の法事が2回と昨日が旧盆と お料理作りとお掃除に時間を費やした私の夏が終わりました。
韓国では先祖をとても大切にするために
毎年法事があります。そして法事のお料理は半日がかりで毎回同じものを作るのです。品数は15品くらいでしょうか…少しづつ材料なんかを変えて作りますが大体同じような感じです。

以前は8月には1ヶ月位休みをとり旅行に行っていたのですが… そうはいかなくなりました。
神様が真夏に浮かれて遊ばないように 私に試練をくださったのではないかと思います。
そのお陰で姪や甥にも会えるし数少ない親戚にも会うことが出来ますので、それはそれで楽しみでもあるのです。

最近私は若い友人から素敵なプルオーバーを頂きました。いつもは私は買わないブランドの物で、アジアンティックなテイストと高級感あふれるマティリアルで
とても素敵なものでした。
友人はその洋服の胸のあたりが窮屈なので着ないからと言い私に回ってきたのです。
その洋服をどんな風にコーディネートしようかと今からとても楽しみです。

そしてまた違う若い友人から音楽のCDを7枚も頂いてしまったのです。選曲が素晴らしく普段は私の聞かないジャンルのものなど 何回も聞いても飽きないのです。
その友人は音楽に関しては造形が深く以前もクラッシックの曲 ショパンの舟歌をピアニストのルイサダが弾いてるのをプレゼントしてもらいました。
私はショパンやチャイコフスキーの舟歌しか知りませんでしたが ルイサダの舟歌は波間をどこまでも漂っている感じがしたものです。

今回は音楽で世界を廻る旅に出られるような構成になっていて ほんとうに目の前にNY
からLAそして南米の濃密なリズムや北欧コペンハーゲンそしてパリやイタリアを巡りモロッコの乾いた風を感じイビザ島のビーチで私は眠りに落ちているのでした。
何度聞いても絵が風景が浮かんでくるのです。
これってデジャヴ? なんて思いながら音楽の旅に出るのが楽しみな 眠りに入る前のひとときです。

若い友人からの贈り物は 私が今まで袖を通した事が無いものや 聞いた事がない音楽など
とても新鮮な経験なのでした。年代の違う友人達と交流が有ることで新しい自分を発見することが出来るのは嬉しく またとても有難い事と友人達に感謝です。

年齢を重ねても 瑞々しい感性は常に持っていたいと思いました。

努力そして更に努力を

27 7月 2013
dac16bbb-1.jpg

[image: 埋め込み画像 1]
何故こんなに一生懸命に努力をしているのだろう…と思いながらも毎日若い人達に混じって一緒にダンスの稽古をしてきたソウルでの10日間でした。
一日6〜8時間の集中レッスンを毎日受けて歩く練習やターン 身体のしなやかな使い方とメニューは盛りだくさん
そして8センチヒールのタンゴシューズには足と腰が悲鳴をあげますが、それでも足マッサージに通いながらも
来る日も来る日もタンゴのレッスンに励んできたのです。

成果が出てきたのかは まだ分かりませんが、以前より楽にダンスを踊る事が出来るようになった気がします。
そしてソウルの夜は熱く沢山の若い人達がミロンゲーロのタンゴを踊っています。ミロンゲーロとはアルゼンチン・タンゴをペアーを組んで左回りでフロアーで踊ることなのです。
そして私もその仲間に入れていただき たくさんの人達と楽しくタンゴを踊る事が出来ました。

おかげ様でタンゴの基本の歩き方が非常に楽に出来るようになりました。後はどれだけ美しく身体と足が使えるようになれるかが残された課題ですが、こればかりは身体能力がいることなので…
ショーではないのであまりにも過激な身体の表現力は無いものの やはり身体の
コア 腹直筋を使う為にバランスが良くなっているのが実感出来ます。

今の私はどんなハードな努力をしてもタンゴを美しく踊りたい!との思いでいっぱいなのです。札幌はタンゴ人口が少なくて残念なのですが、アルゼンチンでなくても
東京やソウルやパリなど 何処ででも良い先生がいればレッスンを受けに行き タンゴ仲間を増やしていきたいと思いました。

今回は教えて頂いた素晴らしい先生方やタンゴの仲間達そして 身体のケアーをいつもしていただいた MIZOエステのウォンさん
美味しいおかゆのお店を紹介していただいたじゅんこさん 有難うございました。
こうして 私はたくさんの人達に助けられて もう少し頑張ってみます。
最後に私の望みを聞いて快く10間のタンゴレッスンに出してくれた 夫にも 寂しさを我慢してくれた母にも感謝です。

ちなみに上記の写真は私の大好きなダンサーのMichelleです。

ある雑誌を読んで…

26 6月 2013
mail_3.jpeg

先日 飛行機に乗る前に時間があり なんか雑誌でも…と思い空港の書店に行き

週刊誌を手にとってみましたが、世の中暗いニュースばかりで読む気もなく 仕方ないので女性誌のコーナーへ
手にしたのは美ストーリー?のミニサイズの雑誌でした。普通サイズの雑誌と中身は同じでもバックに入る大きさなので、つい内容を確かめもせずに
買ってしまいました。(新しい物好きゆえ)

雑誌は本当に可愛くてちゃんと私のトートバックにエビアンと共にすっぽりと収まりました。機内で雑誌をパラパラめくると 内容はいかに若く綺麗になるか
とか化粧の仕方やアンチエイジング効果で
またはレーザーやその他あらゆることを駆使しての内容でした。それらの活字を見ているだけで、雑誌を買って失敗したと思いました。

私は美容に関しては大ざっぱでいい加減なのですから、だからと言って何もしなくて良いという訳ではありません。
食物や 基礎的な肌のお手入れはちゃんとしています。洗顔と化粧水と美容液と後は紙のパック そして日焼け止め これくらいです。

肌に何かを入れたりレーザーを照射するのは アレルギーがある私にとってはとても怖い事なのです。過去に抗生剤で酷い湿疹が出て
それを治すのに時間がかかった事があります。だから私は薬に対しても敏感に反応してしまうので、薬なども殆ど服用しません。

風邪をひいたり 胃腸炎?になったりしても
私の治療法は昔のおばあちゃんの知恵のようなもので治してしまいます。NZのマヌカのハチミツやアマゾンのコパイバオイルだったり 亜麻仁油
梅干し入りのほうじ茶を飲んだりと 先人に習って活用しています。

幸い今まで大きな病もなくきましたが 自分の身体の声を聞いて こまめにメンテナンスをしていきたいですね。
そして心をいつも穏やかでいられるように
美しい物や自然そして暖かな家族や友人達に触れていたいです。(こういうことが心とカラダの栄養になって自己免疫力を高めるのだと思います)

そして私は買ったばかりのミニサイズの雑誌は機内に置いてきました。私にはこういう雑誌を読む事のほうがストレスになるのです。それよりも機内誌などのほうがずっとためになるし面白かったのです。(ちなみに写真はTGVの車内誌です)

空知の美しい落日

24 6月 2013
1.jpg

いつもの日曜日の夕方 車で高速道路を北へと走っている時に感じる事があります。ちょうど西陽(にしび)が畑や水田や木々
ポツンと佇む家や納屋を照らしている空知平野の風景はとても美しいのです。水を張ったばかりの水田の水面に光が反射して
キラキラしているかと思えば、木々や畑の緑色が幾重にも重なりまるでセザンヌの風景画のようです。空の向こうには暑寒別岳や大雪山系の山並みが薄墨のように重なりあっています。

私は空の色が時を追って刷毛で色を塗っていくように 水色から群青色にと変化していくのを見ているのがとても好きなのです。先日は月が最も地球に接近して見える
スーパームーンでなんだかファンタスティックな景色でした。

こんな日はきっと神様が私達人間の為に 美しい景観を用意してくださったのに違いないと思ってしまいます。

写真家だったらこの刻々と変化する一こま一こまを切り取りたい!と思うであろう美しく愛おしい落日でした。

その時に車の中で流れていた音楽は クレーメルのピアソラのタンゴ曲で ヴァイオリンがとても美しく胸に響きました。

風景と音楽と彩(いろ)そして香り 時間が経ってもどこか心の片隅に記憶の一部として留めているのでしょう。

たくさんの美しい思い出を引き出しにしまって いつかまた真珠のネックレスのようにひとつづつ取り出していきたいと思いました。

日仏ロボットデザイン大賞に参加して

22 6月 2013
mail-1.jpeg mail.jpeg

寒かった5月も終わり
いきなり夏になってしまったかのような6月です。5月の雪がとても悲しくて いっときでも忘れたいと思い 母と韓国にショートトリップしてきたのが5月の中旬
そして5月の下旬に日仏芸術文化交流会の第3回日仏ロボットデザイン大賞の授賞式の為に東京のお台場ソニー・エクスプローラサイエンス館に行って参りました。日本、フランス、ルクセンブルグの子供達がとても喜んでくれたことがこのNPO法人日仏芸術文化交流会の副理事を10年間続けてきた事への大きな励みになりました。そして来年もまた第4回日仏ロボットデザイン大賞を開催することを
他のメンバーと共に決定してきました。
それにしても子供達のロボットデザインの発想はとてもユニークで面白いものでした。

久しぶりの東京でしたがとても充実したものでした。夜には他の理事達とのディナーミーティングがあり美味しいイタリアンに舌鼓を打ちました。そしてその後、私は恵比寿のタンゴ教室のミロンガへ行っってまいりました。東京でのタンゴ教室には
まだ行った事がなくてちょっと不安でしたがとてもフレンドリーな所で気持ちよくアルゼンチン.タンゴを踊らせて頂きました。♫

今ではソウルでも東京でも時間があればついアルゼンチン・タンゴを踊れるミロンガに行くのが習慣になりつつあります。
初めての所でも 皆さんこんなに優しいの?と驚くくらい親切で そして、もちろん踊りもお上手で熱気と活気がありました。
タンゴの音楽に合わせて踊るアルゼンチン・タンゴ 一度みなさんもチャレンジしてみては如何でしょう?

魅惑的な赤色

20 4月 2013
image.jpeg

まだまだ寒い日々が続いていますが、日差しには春の暖かさを感じられるようになってきました。あんなに積もっていた雪がいつの間にか消えていき、木々には固い芽が今か今かと外の様子を伺っているかのようです。そして桜前線が南から北へ駆け足で来るように
渡り鳥の白鳥の群れも北の空へと飛んで行きます。

さすがに もう冬のコートはクリーニングに出してしまいました。そして今シーズン大活躍してくれたブーツをメーカーに出し
踵を取り替えブーツの中も外もクリーニングしてもらいます。来年また気持よく履けるように!

そういえば先日もファッションリングの花びらの部分がとれたので修理に出しました。このリングはとても気に入っていたもので愛着もありましたし
それに何よりとても凝ったデザインで今では買えないものなのです。それが新品のように仕上がってきたので本当に嬉しくなりました。これまで以上に大切に使用したい思っています。

こうしてみると私は物をとっても大事にする性格なのでしょうか
もう何十年も前の洋服やバックも今だに使用しています。この間も黒のコートに差し色で真っ赤なバック(20年くらい前のもの)を持っていましたら
オシャレな方から褒められました。このバックは私の場合 冬の間に数回しか使用しないのもなのです。
何故かは私にも分かりませんが その時の気分なのですかね?

赤といえば今年は赤い色のプレゼントが多かったので この時期に着ているいつものトレンチコートの襟元に赤いシルクのスカーフをあしらって
赤のエナメルのパンプスを履こうと思います。
大人の赤はそんなに派手ではないように思います。今年は赤を上手にコーディネートをしながら楽しんで見たいと思います。
赤い色がとても似合う情熱的な友人のように さら〜っと赤の色を纏うなんて… できるかな〜(けっこう構えてしまうかもしれません)

次ページへ »